フォト
無料ブログはココログ

さとしのたからばこ

  • 2009_041920090065
    素敵な出会いの数々をご紹介。 わたしのたいせつなたからもの。

2013年2月18日 (月)

お久しぶりです。

前回の記事、削除しちゃいました。

なにやら誤解を与えてしまったみたいですいません。


『110は、もう山に上がらない。』
なんて噂が流れてたみたいでビックリ!


少し前、川松先生と大阪で話した中で
「ガンバッてスキー続けるぞ!」
「なんとかシステムを変えなきゃね!」
みたいな話をして熱く語ってたんです。

そんな中、前回の記事は決意表明みたいな気持ちだったのですが…


文章って難しいですね。


てな訳で今シーズンも山に上がりますから、
山で会ったら気軽に声をかけてくださいね。


シーズン半分終わっちゃったなぁ…


--------------

2012年5月21日 (月)

金環日食 京都より

みなさん金環日食は見られましたか?
私のところは見れましたよ!
だんだん欠けていくところからソワソワしつつ、
何度も外に出ては太陽眼鏡で確認すること1時間!
ついにその瞬間が!

右上から欠けてきて、だんだん真ん中に…

そしてもうすぐ金環日食!
てところで薄曇りに…

なんとか持ちこたえてくれ〜!
雲さんどいて〜

そう祈りつつ太陽眼鏡を手に…

あたりはだんだん暗くなってきて…


曇ってきたら太陽眼鏡では見ることができず、
そのかわりちょっと我慢すれば肉眼でも見えるぐらいの暗さに。

たぶん生きてる間にはもう見れないだろうなぁ…
調べてないけど。

一か月前から太陽眼鏡を買って準備していた甲斐がありました。

おとなりさんと一緒にみんなでワイワイ。

とても素敵で神秘的な朝でした

2012年4月28日 (土)

感謝祭レッスン総評 ⑦

今回は、U香嬢のお父様。

いつも感謝祭のポール大会ではKENさんと1位、2位を争う実力の持ち主。

最初にお会いした時は、
基礎がしっかり出来た方だなぁって印象。


板にしっかり働きかけて操作する。
しっかりエッジを立てられる。

非常に安定感のある落ち着いた滑りです。


さて、今後なんとお呼びしたらよいのか?
お父様も楽しみにしていらっしゃると思います。

が、普通にお父様ってお呼びしますね
やす様、やっちゃん、色々考えましたがイマジネーション不足…
すいません。

お父様の良いところは

1,ターンのどこでも圧を加えられるポジショニング。

2,スピードを出しても抜群の安定感。

3,私の拙い説明を忠実に実行してくれるので、私の指摘が正しいか間違いかの判断がつきやすい。
(これは私にとっての良いところ?)
これは、イメージ通りに身体が動いているって事なので、スポーツマンにとってはかなり有利ですよ。


さて、
お父様の課題です。

1,板に対して常に圧を加えているので、スキーがやや詰まり気味になる。
もう少し、圧を開放してやるところを積極的に作ったほうがもっと良い滑りになります。
圧を"加える意識"よりも、圧を"感じる意識"が良いですね。

2,脚を強めに曲げた中間ポジションがベースになっていますので、もう少し楽に腰高のポジションにしてください。
そう!
これは、課題1にも通じますが、板と同じで身体も解放してやる事で、もっとフォールラインに絡みやすくなりますし、自然な落下ってやつももっともっと感じる事が出来るでしょう
そして、もう一つ。
脚に力が入ると股関節もロックされローテーションの原因にもなります。
これは、しず様の回でも述べた通りです。


とりあえず、この2点を改善してやるだけでスーパーグレートベリーナイスな感覚で板と相談しながら滑る事が出来るでしょう。


ストックリの板も思いのままです


スキーしたくなってきた〜


次回、楽しみにしています。


ありがとうございました。

2012年4月26日 (木)

感謝祭レッスン総評 ⑥

今回は、どんな斜面もガンガン滑る、疲れ知らずののんびり屋。
KENさんの登場です。

KENさんもチカさん同様、長いお付き合いをさせて頂いてますが、毎年滑りを変化させて私を驚かせてくれます。

今年の初め、緩斜面での滑りを見た時、あまりの変貌ぶりにビックリしました!
ターン前半の重心移動が見事で腰も高い位置にあり、板の運びも申し分なしでした。


そんなKENさんには今後の課題だけにします。

手抜きじゃないですよ


良いところを上げるとキリがないので…

ではKENさんの課題

1,ターンの前半、中盤、後半でそれぞれスキー板に対する身体の向きや、圧の捉え方、圧の加え方が違う事を理解し調整する。
しばしば、ターン前半のポジションが後半まで続き、ローテーションが見られる。
高速の時はあまり見られないが、低速だと顕著に現れる。

2,後半に運動が集中してしまい、後半で板がズレたり、次の切り替え後のターン前半が間延びしてしまう事がある。
ターン前半から捉えた雪面に対して動けるようにする。
この働きかけるタイミングを調整してやる事で滑りの幅がもっと広がります。

3,私の笑いのセンスにダメ出ししない。
あと帽子にも。
これはどうでもいいですね…

KENさんには画像付きのほうが良さそうなので早くアップしますね。


ありがとうございました。

2012年4月24日 (火)

感謝祭レッスン総評 その⑤

感謝祭でレッスンを持たせて頂いた女性チームは終了って事で、続きましては2012シーズンもたくさんのレッスンを行いましたので、そちらの方に移ります。

その⑤といたしまして、みっちゃんの旦那様をチェックさせていただきます!


呼び方はトム様で。

トムクルーズのトムです。
ブラザートムではありませんよ

何年か前に
「どうお呼びしたら良いですか?」ってお聞きした時の答えがトムだった記憶が…

さぁ、
また脱線しましたね


トム様の良いところ

1,運動を的確に理解している。

2,運動を見抜く"眼力"がある。

3,運動を表現するスキー教師のような見せ方が素晴らしい。


トム様の課題

1,ターン前半で、足裏感覚や全体の重みがやや軽い感じがします。
"ドッシリしっとり丁寧"に、先落としの部分を扱う意識が必要です。
足裏全体をベタッと使う感じです。


2,スキーがフォールラインに向かって加速していく部分で上半身が煽られて起き気味になってしまう。
山側の腕をスキーの真上にセットしながら切り換える意識。
それと合わせて、スネをブーツから離さないように身体全体をスキーについていかせる意識が大事です。

3,板のトーションを引き出す意識を持つ。
これは以前、暖炉レッスンでお話した内容です。
文字での説明は難しいので、また別の機会にアップします。


全体的に完成度が高いので、微妙な調整が必要なレベルです。
動きを立体的に捉えて、斜面に立った時の関節の動き、外力に対する内力の使い方など物理的観点から攻めてみても面白いかと思います

私、スキーをする際の筋力は、"骨を支えられるだけの筋力"があれば十分と考えています。
(極端な状況は別ですが。)

次回は、
骨格を上手く使ってスキー上達!
ってテーマでじっくり話し合いたいと思います。
またお付き合い下さい。


ありがとうございました。

2012年4月21日 (土)

感謝祭レッスン総評 ④

お母様、お待たせいたしました。

ひょっとして「私は無いの?」なんて思っていたのでは?

大丈夫!
お伝えしたい事は山ほどありますよ

いつものように前置きが長くなってしまいました…

では、しづ様の良い所
(お母様とお呼びするよりも、しづ様のほうが大奥っぽくていいでしょ?って事ですいませんが"しづ様"とお呼びさせていただきますね。)

1,レッスンでお伝えした事の理解が早く、何をすれば良いのか分かってらっしゃる。

2,ターン全体を丁寧に仕上げる意識が素晴らしい。

3,自分の技術レベルと斜面とのやり取りが絶妙

4,ストックの構えがしっかりしている。


しづ様の課題

1,ターンの左右差があり左ターンで右外足に乗り切れない。
しづ様の場合、身体の左右の運動方法や量の違いを修正すれば直るかとおもいます。(後述)

2,腰の位置が後ろ気味で、股関節が十分に機能していない。
この感覚は、椅子に座った状態で、スキーのような左右に足を動かす動きを連続させているってのに似てますね。
当然、立っている時よりも左右の移動量は減りますし、もしも同じ量を動かそうとすると身体ごと左右にグルグルまわりますよね?
これローテーションです。
わかりにくいですか?

では、トイレを我慢して前かがみになっている状態とかはどうでしょう?
ちょっと品が無くなってきたので、また後で述べます。


3,スキーの操作は足下から。
足裏で自分がどこに乗っているか感じる。
そして徐々にスネやふくらはぎ、太腿、腰、上半身へ。
ここらへんの足裏からの感覚がもう少し必要かもしれないですね。

さぁ実践!

ターンをイメージして下さい。

まず斜滑降から滑り始めます。

足裏の意識はありますか?
準備OK!
斜面に垂直に立ち上がり始め、スネをブーツに押し当てます。(あくまで自然に、かかとが浮かないように)
お尻は落ちていませんか?
腰は高い位置にありますか?

だんだんスキーがフォールラインに向いてきました。

さぁエッジが立ってきて外足でしっかり圧を受け止めて。
ターン内側に傾いてくる事で、内足はドンドンたたまれて短くなってきます。(自転車をこいでいる感じ。)

同時に内腰が引き上げられていきます。

そのままターン後半へ

内腰が引き上げられて傾きがキープされてますか?

でもその内腰は次の外腰ですからね。準備してて下さいね。

次のターンに向けて切り替えます。

身体の傾きはそのままで、上半身は斜面に垂直のままで腰を持ち上げる。
(前のターンで引き上げていた内腰はそのままキープ。)

足裏のフラット感を出していく。
スネをブーツに押し当てる。
そしてフォールラインへ……


簡単でしょ?

こうしてターンを連続させて下さいね。

わかりましたかね?

例によって画像は後日です

また宜しくお願いします。


ありがとうございました。

2012年4月20日 (金)

感謝祭レッスン総評 ③

今回は、チカさん。

チカさんとは長い付き合いで、もう12,3年になりますかね?

本当に上手くなりました。

そして去年と今年は、またまた一皮剥けたって感じ。
どこまで成長する気でしょうか?
ちょっと褒めすぎましたか

では早速
チカさんの良いところ

1,どんな斜面でも安定感バツグン。

2,安定したポジションで最初から最後まで乗っていられる。

3,器用。

4,エッジ操作が上手い。

チカさんの課題

1,もう少し積極的に身体を動かしていくようにする。例えばターンの切り替え部分、エッジが外れる感覚+板のネジレ(トーション)やフレックスの解放(いわゆる"板の返り"と呼ばれるもの)ってのも感じられるようになって下さい。
板の進行方向(滑走方向)とトーション、フレックスの反発方向(主にフォールライン方向)等を板と相談しながら、板の進みたい方向を探り探り、重心をフォールラインに落としていく。
その際にしっかりと動いてやる事です。
そうする事で板がもっと滑るようになりますよ。

2,左ターンでローテーションする事が多い。
これは今シーズンのレッスンでほぼ改善されました。
これは脚の絞り感が大事なポイント。
後で説明します。


3,ストックをあまり使ってないので、もう少し腕の構えを広めで、ストックのリングをもっと前まで動かしたほうが見栄えが良いですし身体の移動もし易いです。(実際にストックを突くのはそんなに前ではないですが、腕やリングが近いと身体のフォールラインへの移動を妨げます。)

課題の克服

課題1は、課題3とリンクする部分が多いですが、チカさんの実力であれば、もっと動けるようになれば、ターン前半部分の時間の調整が楽に出来るはず!
さらに切り替えでエッジを解放させながら、もっと滑らせていけます。
これを導く為に身体を積極的にフォールラインに運ぶ動きと、U香嬢の回とみっちゃんの回で伝えた溜める感じを出す。
そこで、チカさんだけじゃなく女性の方に試して頂きたいのが、内腿意識の捻る動きではなくて、外腰(骨盤の上端:腸骨上端あたり。お尻の上あたり。)から内側に捻る感じでトップを内側に動かしてみて下さい。(上半身の向きはそのままで!)
こうやって長い軸で捻ると、腰のポジションも高くなるし圧も溜めやすい。
ローテーションや膝がX脚になったりってのも改善してきます。
ちょっと試してみて下さい。
自分に合わなければバッサリ切り捨てて下さいね
以前のブログネタですが、稼働域の広い関節を意識すると必要以上に動きが出てしまう事が多いんです。

以上の事を来シーズンまでの課題にしてオフシーズンを過ごして下さいね。


ありがとうございました。

2012年4月18日 (水)

感謝祭レッスン総評 ②

今回はO奥様。


今シーズンは凄く上達しましたね

いつも「やっぱり教え方がいいんですね!」なんて冗談言ってますが、本当はO奥様の努力って事は分かってますからね


さて、滑りの評価です。


みっちゃんの良いところ
(すいませんがO奥様って他人行儀でめんどくさいのでみっちゃんにしますね。)

1,切り替えからフォールラインに向かう所の板の扱いが丁寧。(急激に板の向きを変えたりするムリな動きがない。)

2,腰(骨盤)の傾きを作るのが上手い。(今シーズンで飛躍的に上手くなりました。暖炉の前でやったトレーンの成果?)

3,板の動きが滑らか。

みっちゃんの課題

1,脚の曲げ伸ばしのメリハリをつける。(これによってエッジングの調整や重心の落下などの幅が広がります。)

2,ターンイメージが1ターンごとに途切れ途切れになっている感じがするので、ターンとターンを繋ぐイメージを持つ。(むしろ、そこだけを意識してもいいかも。)

3,滑走面の使い方は良いので、次は足裏を使ったエッジング、体軸の傾きによるエッジングなど、いろんなバリエーションのエッジング方法をマスターする。


課題1については、色々な対処がありますが、みっちゃんにはU香ちゃんの回でも伝えたように太腿の捻る感じを持つ事と(この時、脚は伸ばした状態で捻るような緊張感を与えて下さいね。膝が曲がった状態で捻るのって意外と難しい…)、フォールラインに落ちて行く時に直滑降していくイメージが合うような気がします。
積極的に身体を前(ややフォールライン方向)に伸ばしていくことで板も動き易くなりますし、なにより楽しい感じがしますよね


課題2については、今までも何度かお伝えしてますが、エッジを立てるイメージよりも解放するイメージを強く持って下さい。
解放した所〜解放した所を繋いでいく感じ。
足裏やスネの圧感覚は解放していくところで一番強く意識する事です。(圧が最も強いって事ではないんですが、そこで圧を逃がさないように溜めて溜めて溜めてって感じ。)

課題3のエッジング。
これは、上記の2つを行う上で補助的、味付けとして覚えるほうが自然でしょう。
ブーツの中で足裏の小指側半分を上げたり、親指側半分を上げたりする事でエッジの感覚が良くなるし、脚を捻り易くなったりといった違った効果も期待出来ます。

では、おさらいです。


ターンが終わりかけてます。
体の向き、傾きは変えず"腰を高い位置に"
同時に"脚の捻りなどを戻していく"


雪面に対してフラット
"捻りは戻されている。"
"次の捻りの緊張感を内太腿あたりに"
"板の向きは、まだ変わっていない"
"足裏の圧、スネの圧を逃がさないように注意して"


徐々にスキー板を乗り越えて、身体がフォールラインに落ちて行く。
"スキー板の向きがフォールラインに向いてくる"
"まだ足裏とスネの圧を逃がさないように耐えてる"
"エッジが徐々に立っていく"
"この段階でいつでも荷重できる感覚を持ち続ける。"


スキーと身体のクロスオーバーが終わりエッジの角度が強くなっている。板の向きはフォールライン。
"この時、ターン内側は雪面に近いので、当然内足はたたまれ、内腰は上がっている"
"この段階までにトップをしっかり意識出来ていれば、あとは次の切り替えを意識すれば綺麗に仕上がるしトップも良く動く"
(補足ですが外腰よりも内腰が下がっていると、外足の荷重不足で安定しませんし、
次の切り替えがやりづらい…。)


そして次の切り替えへ…


見ればすぐ分かると思いますが、言葉だけだと難しいですかね


また暖炉の前でトレーンしましょう

今回の補足画像は早めにUPしますね。

それでは、今回はここまで。


ありがとうございました。

2012年4月17日 (火)

感謝祭レッスン総評 その①

今回から、記憶に残っている限りになりますが、皆様の来シーズンの課題が見つけられればとの思いでお届けします。


まず初回は、U香お嬢様

U香お嬢様の良いところ
1,高いポジションで板を操作出来る。
2,イメージと動きの誤差が少ないので理解出来ればグングン伸びる。(ここは、私の指導力にかかってますね。)
3,斜面に対しての恐怖心がない。

U香お嬢様の課題
1,斜面とターンの空間的なイメージ(どのぐらいの大きさのターンで、どのぐらいの落差で滑っていくのか、みたいな感覚)と身体運動(上下動、横移動、フラット感など)の仕掛けるタイミングを合わせていく。
難しい言い方をしましたが、いつ、どこで、どれぐらいの量、どれぐらいのスピードで動くのかって事です。

2,トップの動きを止めないように滑る。

3,やや後ろよりのポジションになっている。(足裏の感覚としては、土踏まずと踵の骨の真ん中あたりでしょうか。)


さて、実際どうやって改善していくのか?

課題 1 は、ターンのどの部分で体がどの位置にあるのがいいのか?
どの部分で動かなければならないのか?
をアバウトでもいいので知っておく。

ターン前半(切り替え後すぐのあたり)は、スネの圧、足裏の圧をある程度強く感じておく事。
ドーンと乗ってね!
(これはスキーがフォールラインに向き始める前の意識が必要。フォールラインに向いてからは加速していくので、その前の段階では確実に前寄りになってないと手遅れになります。ただし、踵が浮くほどじゃなくて良いです。)
逆にターン後半はルーズに扱ってもいいです。
次の前半に間に合う範囲で。

そして課題2 フォールラインに向いてきたら、トップがターンを常にリードしていくように外足太腿を少しずつ内旋(内側に捻る)させていくようにする。(これはトップの圧を感じる上でもかなり重要な意識です。)
この段階で課題1と課題2の内旋させる動きができれば、課題3はクリアできるはず!
ターン前半部分でこれが出来ていれば腰の向き、傾きは自然に決まります。
あとは、板の動きと足裏の感覚を頼りに探り探りです。

ちなみにターン後半は後ろ寄りのポジションでもOKです。
逆に前寄りポジションだとトップが詰まって滑りにくいです。


では、おさらい…

板の向きが変わらないうちに、前寄りのポジションでエッジ解放、フラット感を出す。

向きを変え始めたらトップがターンをリードするように外足を内旋させる。

そして後半にかけて、板の動きと足裏感覚を頼りに前後ポジション左右ポジションを確認しながら仕上げる。

ターン後半、切り替えの手前では、次の動きに備えててね


文章だけではわかりにくいので、後日画像をアップします。
とりあえず文章だけ作っておかないと忘れちゃうので勘弁してね


では本日はこの辺で。

お休みなさい。

2012年4月16日 (月)

感謝祭たくさんのご参加ありがとうございました。

感謝祭、無事に終了いたしました。

今シーズンもありがとうございました。


雨かと思いきや、雪に変わりなんとか予定通り行う事が出来ました

レッスン&ポール大会

そして夜のBBQ&お好み焼きパーティー

夜遅くまで飲んで食べて、
楽しい時間をすごしました

あんまり写真を撮ってないなぁ…


1334550805550.jpg


翌日は快晴

1334550810796.jpg

午前中は希望者の方のみレッスン。


私は上級の女性担当。

皆様メキメキ上達してシーズン最後を締めくくりました。


1334550812916.jpg


1334550815025.jpg


ありがとうございました

2012年4月14日 (土)

どしゃ降りの志賀高原到着

ようやく到着しました!

どしゃ降りの志賀高原…

明日の感謝祭はどうなることやら…


止んでくれる事を祈りつつ

お休みなさい

2012年4月 9日 (月)

京都水族館

春休み、子供をどこにも連れて行けなかったので、
京都市動物園へ。


道中、そういえば京都に水族館が出来てたなぁ…

よし、予定変更!

"京都水族館"へ!


てなわけで、行って来ました。


最初の印象は "こじんまり"
海遊館に比べると規模も魚も小さいかな。

でも、凄く楽しめる!

順路の途中で外に出るようなコースになっていて、
外に見える公園が、とても開放感のある借景になっていてそれも

館内の混雑も日曜日の割に気にならない。

1333966119507.jpg

外のスペースでゴマフアザラシちゃんやペンギンさん

1333966124038.jpg

1333966126230.jpg


コースの最後はこんな所も


1333966127857.jpg

水族館の後は公園ランチ

すぐそこで梅小路蒸気機関車館の汽笛の音が


1333966129405.jpg


京都贔屓を差し引いてもオススメ出来るかな。

次は年間パスポート買おうっと

2012年4月 8日 (日)

地元の桜情報

そろそろ桜も咲き始め
すっかり春ですね。

たまに冷んやりする事もありますが、
春はいいなぁ


来週は感謝祭で志賀高原です。

最後のスキーを堪能しよう!


1333844448575.jpg

2012年4月 7日 (土)

幕の内弁当

若い頃は、

「幕の内弁当なんか物足りねぇ!」

「おかずがちょこちょこ入ってるよりも
唐揚げ10個の方が嬉しいぜ!」

なんて思ってましたが
最近では色んなおかずちょこちょこがありがたい。
年のせいかな?


そこで幕の内弁当について調べてみました。


江戸時代の芝居見物が始まり。
幕の内とは芝居用語で、芝居の次の幕までの休憩時間のことをいい、この間に食べられた食事が、幕の内弁当の起源。


一口サイズのおかずや俵型のおむすびは
食べ易さを重視しているそうです。


ちなみに
俵型のおむすびは、
相撲の幕内力士 ⇒ 小結 ⇒ おむすび
から来ているという説もあり、
そこから幕の内弁当は来ているって説も。


ただし、地域によっては白ご飯に俵型の型を押しただけのものや、
白ご飯にゴマぱっぱだけだったりなので、
幕の内の語源ではなくて、
江戸庶民の洒落だったのかな?


おかずは、一般的に焼き魚、玉子焼き、蒲鉾をベースに、揚げ物、漬物、煮物などを入れる。
コンビニなどの幕の内弁当は、
ハンバーグやオムレツ、ソーセージなども入れて
ボリュームを出してますね。


ところで幕の内弁当に似た弁当で
"松花堂弁当"というのがありますが、
このルーツは全く別で、
懐石料理をお弁当でって事らしいです。

この松花堂弁当の松花堂は
私の地元、京都府八幡市にあるんですよ


数年前にリニューアルして綺麗になりました。
(以前は「こんなとこに?」って感じでした。)


いい季節になってきたので
松花堂見学の後は
近くの桜公園で花見なんかどうですか?


1333789013935.jpg

2012年4月 5日 (木)

〆切間近

お客様感謝祭の〆切が明日までとなっております。

4/14(土)
AMレッスン
PMポール大会
夜 バーベキュー大会

4/15(日)
希望者のみレッスン受付いたします。


これで今シーズンの
スキースクールの営業は最後となります。


毎年、お客様と朝から晩まで
楽しい時間を過ごさせてもらってます。

今年はどんな感謝祭になるのかな?


晴れますように

2012年4月 3日 (火)

デモンストレーター選考会

もうすっかり春だなぁ

なんて思いつつ、
昨日、志賀高原から帰って来ました。


下山中は車の窓から入る風に
春の訪れの解放感と
シーズン終了の切なさが入り混じり
少しセンチな気分に…


さていよいよデモ選がスタート。

うちの川松も出場!

キロロの天気はどうなってるかな?

2012年4月 1日 (日)

やって来ました志賀高原

昨日は、到着初日。

午前中はどしゃ降りの雨。

午後からは吹雪。


芯から冷えました

ゴールド検定を明日に
控えたお客様という事で、
こちらも緊張しまくりレッスンとなりました

ナイターレッスンまで行いましたが、
かなりの上達が見られ期待が持てます。


滑走日数が少し足りない感はありますが
今日の雪質に期待しましょう


本日午後検定。

頑張っていきますよ!

2012年3月27日 (火)

重心落下運動イメージ君

ついに完成!!

以前、ブログで宣言した
『重心落下運動イメージ君』!


なかなか良いモデルが見つからず
シーズンも終わろうとしていた時
子供が何かで遊んでた…。

こ、これは!


関節の可動域、
フォームのしなやかさ
そしてスタイル!

非の打ち所無し!


早速店に買いに行き
せっせと作成…

イメージ通り


命名 『フォーゼ君』

1332857769091.jpg

斜面でも立てるよ!

1332857770783.jpg


素敵でしょ


あとは色んな斜面を作らなきゃ。

今週末、山で披露しようっと

2012年3月26日 (月)

金星、月、木星が一直線

今夜、
金星、月、木星が一直線になるらしいですよ!

晴れていれば肉眼で楽しめるらしい。

本日の日没後3時間を見逃さないで

西の空ですよ!

2012年3月25日 (日)

携帯マクラ

以前から、寝起きの首の違和感を解消すべく
自分に合う枕を探していた。


青竹みたいな半円枕や
布団を丸めてフィットさせてみたり…

いろいろ試してみたが
青竹枕は朝起きると
首で止血されたかのような
後頭部の冷えで具合悪し…

布団丸めは、
朝には形をとどめておらずイマイチ…


そんなこんなで今年に入り
志賀高原へのバス通い。
バスの中での必需品、
携帯マクラとアイマスク。

今シーズン買った携帯マクラが超寝られるので、
家でも試したら具合良し

1332680670591.jpg


バスでも家でも山でも愛用中!

空気の入れ具合で、
高さや固さも手軽に調整でき
歴代マクラたちを遥かに凌ぐ結果に!

しかもリーズナブル。


普段用のエアマクラでもっと良いのがあるのかな?


調べてみるか、
自分で改良するか

おやすみなさい

2012年3月24日 (土)

季節はずれの雪

本日京都より

午前中、雪が舞っておりました!

昼にはアラレかヒョウか
大粒の氷が降りました。


この分だと志賀高原は荒れているのかな?


今週はお客様に誘われていたのに
どうしても都合がつかず…

来週はがんばりますよ!


2012年3月21日 (水)

群馬、茨城のスキー教師

先日、懐かしい方達に遭遇。

10数年前に同じ釜の飯を食った仲間が
志賀高原にやって来た。


向こうも私が来てるとは知らずビックリ!


そんなに長期間一緒にいた訳ではないが
仲間って感覚の二人です。

タキモトの玄関前で盛り上がり
再会を約束してお見送り。


また会いましょうね!


1332298188455.jpg

一の瀬、高天ヶ原地区 親善スラローム大会

毎年この時期に行われる
スキー学校対抗の親善スラローム大会。

各スクールのスキー教師達が繰り広げる熱戦?

1332297380226.jpg

親睦を深めたり、技術を競い合ったりのポール大会。

みんなお疲れ様でした

1332297385129.jpg

1332297391326.jpg

2012年3月19日 (月)

志賀高原 本日快晴の予感

一昨日は雨
昨日はガスで真っ白

ようやく志賀高原らしい-11℃


現在はこんな感じ。

1332120263253.jpg

どうなるかな?

2012年3月17日 (土)

トライクって呼ぶんですね。

昨日、近くのホームセンターに行ったら
カッコいいバイクが!

カッコいいな〜って見てたら
三輪バイク!
こんな三輪バイクがあるんだ〜

三輪バイクといえば
ピザ屋さんの宅配バイクだな…

家に帰り、何気なくYahooを開くと気になる画像。

トライク?


これは昼間見た三輪バイクでは!

それから私なりに調べた結果

トライクとは?
1, 二輪を改造して、前輪か後輪が二輪になってて
上から見ると二等辺三角形の車輌
2, 好みのベース車をカスタマイズできる。
3, 普通自動車の免許で乗れる。
4, 高速道路は自動二輪の料金でのれる。
5, 高速道路も二人乗りでOK!
6, ヘルメット無しでもOK!(無いと不安ですが…)


まだまだ魅力があるかも知れない…

今後もっと調べてみよう!

乗ってみたいなぁ

2012年3月13日 (火)

志賀高原スノービレッジにて

先日、スノービレッジ初日(3/10)に
常勤達で行って来ました!

昨年よりもにがやかで
とっても楽しい時間でした。


ライトがとても綺麗で
中央には雪の滑り台!

1331611824531.jpg

子供達がガンガン滑ってました。


それに混じって
川松、米谷も滑ってましたが…


こんな感じで楽しんでました。


1331611828876.jpg

1331611832326.jpg

1331611835346.jpg


花火も上がったのに画像がない…

間近で見る花火は迫力満点でした!

次は3/17に上がる予定ですよ。

皆様も是非どうぞ!

2012年3月12日 (月)

焼き"干し芋"パーティー

昨日、午前のレッスン終了後
ホテルタキモトで
昼食を頂いた後の事。


ちなみにお昼は
"タキモト若の特製チャーハン"!

1331525183416.jpg
美味しかったですよ。
メニュー外なので
とてもラッキーでした!


その後、
社長オススメの"焼き干し芋"!

お客様みんなで
自ら焼き焼き!

暖炉に串を突っ込み
ほっこりTime。

1331525187816.jpg


焼くと一段と甘みが増すんですね!

最高のお昼休みでした

1331525192989.jpg

2012年3月11日 (日)

竜王越えツアー悪天候のため順延無念

昨日予定していた竜王越えツアーは
視界不良のため順延…

やはり安全の為には
やめる勇気も必要ですね。


来週は晴れますように。


とりあえずFieldAccessの性能を検証

レッスンをしながら記録開始
ターンしているところも
わかるし時系列で表示され
移動距離もわかり
アプリの性能に関しては
かなり満足


ちなみに昨日はこんな感じで表示されました。
1331425034662.jpg


今日は晴れてる
頑張るぞ

2012年3月 9日 (金)

Field Accessを活用して竜王越えツアーに出発

明日、竜王越えツアーに出発!

天気があまり良くなさそうなので
心配ですがどうなるかな?


今回は、
ただ登って滑るのも芸がないので、
Field Accessってアプリを
使ってみる事にしました。

これは、
スマホに地形図を取り込み
オフラインでもGPSを使って
自分の現在地を確認出来るアプリ。

歩いたルートを記録したり、
あらかじめルートを入れたり出来るもの。

これなら迷子や遭難する
危険性も減るんじゃないかな。
もちろん紙の地図も持っていったほうがいいですが。

山歩き用のナビは高いけど
これなら安くてお手軽ですね。


普段のスキーの時も
これを使ってみたら
夜の酒の肴になるのでは?

志賀高原は広いので
見応えがあると思いますよ

2012年3月 7日 (水)

ストックの突き方による、スキー操作に与える影響

今シーズン
ストックの突き方の指導方法を変えてみた。

これまでは、
1、重心の移動を妨げない位置に
2、タイミング良く
3、リングを引き戻す時に

の3点をメインに教えてきましたが、
自分で練習する時の目安が分かりにくいようだ。


そこで今シーズンのこだわり

ストックのリングが
構えた時〜振り出した時まで
腕に隠れて見えないように!
(見えるのは拳の先から出てきて見える。)

これを意識すると
左右均等が意識出来て
視線も安定するし
内傾ぐあいも分かりやすい。

これに変えてからは
生徒さんの上達もいいように感じます。


皆さんも一度お試しを。

スピードによって
腕の高さを変えてくださいね!


«バックカントリーの楽しさがたっぷり詰まった爆笑映像!